レーシックの不安

レーシック前の検査とは

心配性の私は、友人が実際にレーシックを受けてみて良かったと言っているクリニックに行きたかったので、品川近視クリニックという、東京の有楽町にある大手クリニックの無料説明会に行くことにしました。

 

すぐに予約が取れるだろうと思っていましたが、人数限定で指定日が日曜日だったこともあり、行こうと思っていた無料相談日からは一ヶ月ほど後になりました。

 

今思えば、ほぼ施術することを決めていたので、普通に初診予約で行っておけば、無駄に待たなくてよかったかなと、その頃を振り返ると思います。

 

無料説明会と簡易検査

説明会では、レーシックに抱きがちな不安を解消させてくれる説明や、世界最高水準のレーザー機器の案内、映像による治療の説明、質疑応答の時間がありました。

 

希望者のみではありましたが、ドクターによる簡易検査や、個人に対応した面談がありました。私には比較的若く、しっかりしたドクターが個室で対応してくれました。

 

手術時間がとても短く、術後しばらくしたら一人で電車で帰れるというのも、意外なほど手軽だと思いました。また施術も色々な種類があり、ピンキリだとも思いましたね。

 

角膜の厚さなど、まれにレーシックを受けられない人がいるようなので、可能かどうかの検査は必須です。私はほぼ大丈夫と言われ、内心ですが申し込むことに決めました。

 

他の参加者たちも、大半が受けることを決めたようで、若い女性が多かったのが印象的でした。専門的な資料をもらえたので、決断を後押しするのに役立ったと思います。

 

 

>>レーシック無料説明会の詳細はこちら<<

実際の検査と手術メニュー決定

初診日を決めて、実際に検査に行きました。眼鏡市場とは比較にならない、とても広いきれいな視力検査室でした。そこで両眼の裸眼視力を測ります。

 

裸眼では何も見えない自分の状況を嘆きつつ、もう少しで視力が戻るという期待と、まだ怖いという変な感情が入り乱れる状態でしたが、スタッフの方たちの親切でテキパキした様子を見て、何も問題ないだろうと確信を持ちました。

 

他に角膜の厚さを測るため、やや眼球に触れる検査もありましたが、ほとんど痛みはなく、事前相談で予想された通り、レーシック手術が可能でした。

 

 

手術メニューですが、最安メニューは恥ずかしいのと、大切な目なので、最安値からワンランク上の「スタンダードイントラレーシック」にしました。現在の料金表では8.6万円です。私の時はその上のアドバンスの価格がこのメニュー価格だったと思うので、安くなってきたのだと思います。

 

支払いにクレジットカードが使え、他の分割払いも対応しているようです。すべての治療に保証が付いていて、スタンダードは3年保証です。万が一何かあれば無償で対応してくれます。

 

その後、ドクターと個人面談があり、手術のしっかりした説明をうけ、手術後のことや注意点を聞くことが出来ました。最後のほうで手術日を決めました。手術当日の事は以下にまとめています。

 

レーシック手術当日