レーシックの不安

手術後の経過と視力など

レーシック手術後、家に帰ってから確かに見えることに感動しつつ、食事をとったりしていましたが、麻酔が切れて来たのか、ややチクチクすることがありました。

 

でも寝るときには治まり、就寝するのに何も問題ありませんでした。指示通りにこまめに目薬をつけ、翌日もクリニックで渡された眼鏡を付け検診に行きました。

 

検診の結果も良好で、1週間後にまた行くことで終わりました。その時まで、痛みや違和感などはなく、視力の回復にただただ喜んでいました。

 

検診がすべて終わってから

術後数回の検診が終わり、目薬の使用も終わってからの感想ですが、とりたてて後遺症というほど症状はなく、数年たった今でも自然に過ごしています。

 

視力ですが、レーシック手術直後は、1.2ほどでしたが、現在では1.5あります。なぜか視力が増していますが、これは友人たちも言っていたことでした。

 

かといって新聞の小さい文字が見にくくなるようなこともなく、目が悪くなる前の自分に戻りました。コンタクト装着やケアの煩わしさ、買い出しの手間もなくなり、生活が楽になったと思います。

 

引き出しにはまだ眼鏡が入っていますが、どこか奥にしまっておこうと思っています。捨てる事も考えましたが、こんな頃もあったなという思い出にです。

結論とまとめ

レーシックを受ける前までは、後遺症やデメリットが不安でしたが、実際に手術をしてみて、全く問題ないことを実感しています。

 

きちんとした評判の良い大手のクリニックを選べばまず問題ないというのが、経験者である私の印象です。そして、友人のほとんどが語っていたようにもっと早くうけていれば良かったというのが唯一の心残りです。

 

私は何かと忘れやすいので、サイト作りが好きなこともありここに記録を残しておくことにしました。このサイトがレーシックを検討中の方のお役に立てば幸いです。

 

>>品川近視クリニックの公式サイトはこちら<<